福井エリアでおすすめの新築住宅はこんなタイプ

福井エリアで新築住宅を建てる場合は、他の地域とは異なる建て方が必要です。夏は蒸し暑く、冬は氷点下にもなる寒い気候、全国でも湿度が高い地域に属するこの地では、環境に配慮した住宅づくりが求められます。住宅の構造は木造が適しているものの、豪雪地帯では鉄筋コンクリートも考えられます。気温、湿度、雪など、複合的な自然条件の中にでは、特別な性能の住宅が求められます。自然条件が厳しい地での依頼先としては、大手住宅メーカーは適しません。大手住宅メーカーは標準的な住宅をつくるのは得意ですが、特殊な条件の下での住宅づくりは得意ではありません。有望な依頼先として考えられるのは、地元の工務店です。工務店は地元に密着して営業しているので、地元の気候風土は知り尽くし、対策も講じています。

壁量と床剛性により耐震性を高めた住宅

福井は過去に大きな地震を体験しています。新築住宅では、耐震性を高めることが大切です。現在の建築基準法の木造に関する部分は仕様規定となっており、自由な設計を行うことができません。筋違いの壁を基準よりも多めに入れることで、耐震性を高める必要があります。住宅の耐震性は、柱の太さが大きく影響します。新築では柱を太くする配慮が求められます。さらに耐震性を高めるには、床の剛性を高くする必要があります。2階床を強くすることで、住宅の耐震性は高まります。近年の地震被害において、直下率が耐震性に影響することがわかってきました。2階に壁がある部分では、1階の同じ場所も壁が設置されている方が、住宅の耐震性は高まります。建築基準法の規定だけでは地震に対して安心できず、より強い住宅を求める必要があります。

高気密高断熱の住宅と求められる耐久性

高断熱と高気密により、暖かい住宅をつくることは簡単です。しかし、高断熱で高気密な住宅は内部結露が生じやすく、建物の寿命を短くしてしまいます。湿度の高い福井で建てる新築住宅は、断熱と通気に工夫する必要があります。外壁に断熱性能の高い材料を使う外断熱は、建物の外壁を覆うことにより効率的な断熱が可能です。壁の中の断熱は、湿度調整機能がある、セルロースによる断熱が望まれます。さらに、室内側に防湿シートを設け、室内の湿気が構造躯体に入り込まない配慮が必要です。高気密は室内の湿気を構造躯体に入り込ませないために行い、外壁は通気工法により、空気の通りを良くすることが大切です。福井で建てる住宅は、ただ建てるだけでなく、長持ちさせる必要があります。そのためには耐震性を高め、内部結露を防ぐ対策が必要です。